自宅にある道具だけでコーヒー豆は挽けるのか検証してみた【コーヒーミルを使わない方法】

生活のあれこれ
さにー
さにー

毎日コーヒーを飲んでいるさにーさんです。

実は私、ずっと気になっていることがあります。
それは、自宅にあるものだけでコーヒー豆を挽いておいしく飲めるのかということ。

我が家では毎朝、コーヒーミルを使って豆を挽き、ドリップコーヒーを淹れて飲んでいます。

(ここで突然、謎のシンガーが現れた)

謎のシンガー
謎のシンガー

突然の俺様、登場♪

同じことを繰り返す平凡な日常♪

そんな毎日に同情♪

・・・・・。

よく分かりませんが、そんな感じなので、たまには冒険してみましょう!

豆の挽き方で、コーヒーの味は変わります。

そこで、自宅にあるものでコーヒー豆を挽き、ドリップコーヒーを淹れたら味はどうなるのか。

コーヒーの粉を買うつもりが、間違えて豆を買っちゃったという方もぜひ参考にしてください!

しかし、

  • 面倒なことが嫌い
  • おいしいドリップコーヒーを飲みたい

そんな方はコーヒーミルの購入を視野に入れてお読みください。

謎のシンガー
謎のシンガー

Yo!(要)チェックしとけー♪

スポンサーリンク

とりあえず一粒ずつ試してみる

コーヒー豆と不思議な手

豆を挽くというより、ほとんどの作業が豆を潰す作業です。

私が選んだ道具を使って、一粒ずつ試していきましょう。

コーヒー豆vsカサカサ親指

親指はカサカサなので出演NG

結果

無理

うぉりゃーっ!!

豆を指でつまんだら、ある程度潰れる予定だったのですが全然潰れません。
次に、親指で押し付けるように潰しましたが、細かくはできませんでした。

割れたコーヒー豆が指に刺さって痛いです。はい。

コーヒー豆vs大きめのスプーン

大きめスプーン

結果

豆の瞬間移動

スプーンで潰そうとすると、コーヒー豆がシュンっと瞬間移動するように飛んでいきます。その姿は、まるでダルシム

ダルシムについて教えてくれたのは2人の兄。そんな2人が登場する記事はこちらから。

瞬間移動で、コーヒー豆を見失うことがありますので、お気を付けください。

時間がかかりますが、一粒ずつなら細かく潰せます。

コーヒー豆vsまな板2枚

傷だらけのまな板

結果

潰れる感覚が良い

2枚のまな板ではさむように潰すと、ボリボリボリ…と気持ちいい音と感覚で潰れます。

あまり細かくなりませんが、家庭や仕事でのイライラ解消に良いです。

スランプ気味のシンガー
スランプ気味のシンガー

おれのイライラ解消ー♪

うー・・・しょう♪

ストレスは良くない!

コーヒー豆vsめん棒

使い込まれためん棒

結果

豆が飛ぶ+粉が飛びちり=散らかる

めん棒でコロコロと潰しました。

大きな豆を潰そうとすると豆が飛ぶし、潰す際には粉が周りに飛び散りました。

豆を袋に入れるなどして潰せば、散らかる心配はなくなりますね。(なぜ早く気づかなかったんだろうか。)

コーヒー豆vsおろし金

使い古したおろし金

結果

危険!

指までおろしてしまいそうになるので、真似はしないでください

筆者は特別な訓練を受けていると思っているので大丈夫です。(後で家族に怒られました。)

おすすめ道具たちを使って実践開始

召喚されたモノたち

実際にコーヒー豆を挽いて(潰して)、ドリップしていきましょう。

準備するもの

  • 破れにくいビニール袋(ジップロックなど)
  • めん棒
  • 重めのまな板2枚
  • 大きめのスプーン

今回使用するコーヒー豆はこちらです。

いつもやまやで購入しているコーヒー豆ですが、安い!そして、おいしい!

このサイズが、500円程で買えます。

(ネット販売は見つからずでした。)

いよいよ実践

.コーヒー豆をビニール袋に入れ、2枚のまな板ではさむ。

.ある程度豆が潰れたら、そのままめん棒をコロコロ転がして、さらに細かくしていく。

潰しにくい所があるので、めん棒をうまく使って潰していきます。

潰して、

潰して、

潰して、

潰して、

潰して、

はい、もう限界です。

限界を感じたら、やめましょう。

.潰したコーヒー豆をフィルターに入れる。

おっと。大きめのスプーンの出番を忘れていました。
仕方がないので、潰した粉を、フィルターに移す際にスプーンを使用します。

コーヒー豆の潰れ具合ですが、かなり粗挽きです。

気力のある方、負けず嫌いの方なら、豆をもっと細かくできるはずです。

笑いすぎている女性
笑いすぎている女性

頑張ってください!

.ドリップする。

いつもと同じように、ドリップコーヒーを淹れます。

マグカップに注いで、

完成ー!!

いつものコーヒーとの比較

いつも淹れているコーヒーと、見た目を比較してみました。

自力で挽いたコーヒーは、ミル挽きのコーヒーより色がうすいです。

復活してきたシンガー
復活してきたシンガー

見た目を比較ー♪

でも信じるのは自分の味覚ー♪

それ的確ー♪

出来上がったコーヒーを飲む

念願だった、自力で豆を挽いたコーヒー。

はい、飲みます。グビグビ。

あー、うすっ!

うすっ!!

飲んだ感じは普通にコーヒーですが、深みもなく、苦味も感じませんね。

ドリップコーヒーの良さが全然出ていません。

コーヒー豆をもっと細かくすることが出来れば、もう少しおいしくできましたね。

このうすさを麺つゆで例えるなら、3倍に希釈する麺つゆを、6倍で希釈してしまったような感じです。(わかりやすい)

検証結果

結論です。

難しいことは言いません。

家でおいしいドリップコーヒーを飲みたいなら、

コーヒーミルを買ってください。

コーヒーミルを買ってください

そうすれば、おいしくて新鮮なコーヒーがいつでも飲めますよ!

コーヒー豆飛び散り現場からは、以上です。

仲良しになったシンガー
仲良しになったシンガー

お前の力闘にマジ感動!!

ありが10匹で・・ありがとう

最後に我が家で使っているコーヒーミルを紹介して終わりにします。

我が家の初代コーヒーミル(とりあえずミルが欲しいあなたへ)

我が家の現役コーヒーミル(ちょっとこだわりたいあなたへ)

実験にも使えそうなコーヒーサーバー

我が家で傷を負った、オリーブウッドを使ったまな板

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事は第3回クソ記事選手権に参加しています。

生活のあれこれ
スポンサーリンク
sunnysan

パート勤めの二児の母。
元ライブハウスのスタッフで、8年程働いていました。
今までサービス業、接客業をしてきた体験など書いています。
たまに趣味や暮らしことについても書きます。

sunnysanをフォローする
シェアする
sunnysanをフォローする
さにーさんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました